[PR]エロイ女のLINE IDを次から次にゲットする方法

出会い系サイトを使って一ヶ月一万円で愛人を作る方法

万代シルバーホテルでパンティ忘れていった女w

一泊二日で新潟に行くことになった。
俺、妻と子がいる33歳の既婚だけど、こういう機会は逃さない。
たいていデリ嬢と遊んだり割り切りする。

その日も地元のOLのお姉さんと割り切りの約束してた。
ハッピーメールにいた彼女は京香さん27歳。

セミロングの髪がセクシャルにウェーブしてて、唇が赤いイイ女だった。
「既婚だけど浮気じゃない。君とは真剣に会いたい。割り切りで」
とメールした。
「真剣に割り切りってよく意味が分からないけど、まあいいか。
たまには東京の男性に抱かれてみようかしら」
こんなに簡単に割り切り交渉が成立するとは思わなかった。

キープしたホテルは『万代シルバーホテル』だ。
新潟に仕事で来るときにはいつもここを使う。
デリ嬢呼んでスマタで射精したのは一か月前のことだった。
俺にとって『万代シルバーホテル』にはエッチな記憶しかない。

京香さんがホテルに着いたのは夕方だった。
一瞬、デリ嬢なのか割り切り女なのか区別がつかなかくなった。
「どっちだったっけ」
なんて思ったよ。

そうだった。
割り切りだった。

京香さん、割り切った女だったね。
さばさばしたタイプで女っぽいところがあまりなかった。
でも体はむちむちしてる。

服脱がせて下着を見たとき、パンティが気になったよ。
薄いブルーで、ぴたっと尻に張り付いてる。
前から見ると、縦筋がくっきりうかんでる。
そのパンティが欲しいと思った。
実は俺、下着フェチ。
今はさすがとしてないけど、独身時代はパンティ集めてた。

「ねえ京香さん。そのパンティちょうだい」
「何言ってんの?変態じゃない?」
「京香さんの匂いがしみついたパンティが欲しい」
「いい加減にして」

だよな、と思いながらセックスを始める。
縦筋がくっきり浮き出た理由は毛が薄いからだとすぐに分かったよ。
見るからにおいしそうなクレパスを舐めながら、クリを攻めた。
京香さんもフェラしたいと言うから、69でからんだよ。

そのまま背面の騎乗位セックスで射精。

むっちりしたOLとの濃厚セックス、よかったよ。
そしてもう一ついいことがあった。

京香さん、なんとパンティを忘れていったんだ。
薄青いパンティがベッドの片隅に丸まっていたのを見つけてメールしたのは彼女がいなくなって7分後。

「下着忘れてない?」
「あー、そういえば(笑)戻るの面倒だから好きにして」

そのあと彼女のパンティでオナニーしまくったよ。

いい女だったな。

  • エロい (1)
  • エロくない (0)
※18歳未満の方の出会い系サイトのご利用は禁止です。



コメントを残す

このページの先頭へ